The US Supreme Court has ruled that race can no longer be considered as a factor in university admissions…の日本語訳は?

The US Supreme Court has ruled that race can no longer be considered as a factor in university admissions.

アメリカ合衆国最高裁判所が、大学入学審査における人種を考慮することはもうできないと判決した

英語構文の解析

主語:The US Supreme Court (アメリカ合衆国最高裁判所)

動詞:has ruled (判決する)

目的語: that race (人種ということ)

補語:can no longer be considered as a factor in university admissions. (大学入学審査における要因として考慮されることはもうできない)

「The US Supreme Court」は「アメリカ合衆国最高裁判所」を意味します。 「has ruled」は「判決する」を意味する動詞です。 「that」は「~ということ」を意味する関係代名詞です。 「race」は「人種」を意味します。 「can no longer be considered as a factor in university admissions」は「大学入学審査における要因として考慮されることはもうできない」を意味します。

この文は、アメリカ合衆国最高裁判所が、大学入学審査における人種を考慮することはもうできないと判決したということを意味しています。

個人的な感想

アメリカ合衆国最高裁判所が、大学入学審査における人種を考慮することはもうできないと判決したことは、大きなニュースです。この判決は、アメリカ社会における人種差別問題の歴史と、大学入学審査における多様性確保の課題を改めて浮き彫りにするものと言えます。

アメリカでは、1960年代以降、人種差別撤廃のために、大学入学審査において人種を考慮することが認められてきました。これは、アメリカ社会における人種差別を解消し、大学の多様性を向上させるための重要な施策と考えられていました。しかし、今回の判決により、この施策は事実上、無効化されることになりました。

今回の判決は、アメリカ社会における人種差別問題の歴史を振り返るうえでも、重要な意味を持つものと言えます。アメリカでは、1960年代以前、人種差別が深刻な社会問題となっていました。しかし、1960年代以降、人種差別撤廃のための運動が活発化し、1964年には公民権法が制定されました。公民権法は、人種、宗教、性別、国籍などを理由とする差別を禁止する法律であり、アメリカ社会における人種差別問題の解消に大きな役割を果たしました。

しかし、アメリカ社会における人種差別問題は、いまだに完全には解決されていません。今回の判決は、アメリカ社会における人種差別問題が、いまだに深刻な課題であることを改めて示したと言えます。

今回の判決は、大学入学審査における多様性確保の課題を改めて浮き彫りにするものでもあります。アメリカの大学は、多様な学生を受け入れることで、学生の視野を広げ、より良い教育を提供することができると考えられています。しかし、今回の判決により、大学入学審査において人種を考慮することが難しくなるため、大学の多様性確保はより困難になると考えられます。

今回の判決は、アメリカ社会における人種差別問題の歴史と、大学入学審査における多様性確保の課題を改めて浮き彫りにするものと言えます。この判決が、アメリカ社会における人種差別問題の解消と、大学の多様性確保につながることを願っています。

アメリカの方が人種問題は進んでそうです。

At least 150 people have been arrested across France on a second night of mass unrest over Tuesday’s fatal shooting of a 17-year-old boy by police near Paris during a traffic check…の日本語訳は?

At least 150 people have been arrested across France on a second night of mass unrest over Tuesday’s fatal shooting of a 17-year-old boy by police near Paris during a traffic check.

火曜日にパリ近郊で交通検問中に警察が17歳の少年を射殺した事件を巡り、大規模な暴動が続いて2日目の夜、フランス全土で少なくとも150人が逮捕された。

英語構文の解析

「At least 150 people have been arrested」は、少なくとも150人の人々が逮捕されたことを表します。

「across France」は、フランス全土で逮捕されたことを表します。

「on a second night of mass unrest」は、2回目の大規模な不穏な夜に逮捕されたことを表します。

「over Tuesday’s fatal shooting」は、火曜日に警察に射殺された17歳の少年の死について、不穏な夜が起こったことを表します。

「of a 17-year-old boy」は、17歳の少年が射殺されたことを表します。

「by police」は、少年が警察に射殺されたことを表します。

「near Paris」は、少年がパリ近郊で射殺されたことを表します。 「during a traffic check」は、少年が交通検問中に射殺されたことを表します。

この文は、フランスで警察が17歳の少年を射殺したことに対する抗議デモが行われ、2回目の夜にも多くの人々が逮捕されたことを伝えています。

個人的な感想

フランスで17歳の少年が警察に射殺された事件は、悲劇です。警察官は、少年が銃を所持していたと主張していますが、少年の家族や友人は、少年が暴力を振るうようなことはなかったと主張しています。警察官の行動が正当化されるかどうかは、今後の調査によって明らかにされるでしょう。

この事件は、フランス社会の警察に対する不信感を浮き彫りにしています。フランスでは、警察による暴力事件が頻発しており、特に、移民や少数民族に対する暴力は深刻な問題となっています。この事件は、警察官の権限を制限し、警察官の暴力に対する責任を明確にする必要があることを示しています。

また、この事件は、フランス社会の分断を深める可能性があります。少年は北アフリカ系であり、この事件は、フランスの移民や少数民族に対する差別意識を高める可能性があります。フランス社会は、この事件をきっかけに、警察改革や移民政策の改革を進めていく必要があります。

黒人差別はまだヨーロッパは根強いのでしょうか。うちのオカンもイギリス行ってチャイニーズチャイニーズ言われてカメラ盗まれたと言っていました。そもそも本当にイギリスに行ったのでしょうか?

Winston Norton has none of his memorabilia from his years as a Wimbledon ball boy – sweatbands and programmes proved a valuable currency when bartering for cigarettes back at the children’s home…の日本語訳は?

Winston Norton has none of his memorabilia from his years as a Wimbledon ball boy – sweatbands and programmes proved a valuable currency when bartering for cigarettes back at the children’s home.

ウィンストン・ノートンはウィンブルドンのボールボーイとして働いていた頃の記念品を持っていません。汗止めバンドとプログラムは、子供の頃に子供の家にタバコを交換する際の貴重な通貨になりました。

英語構文の解析

この文の主語は「Winston Norton」です。述部は「has none of his memorabilia from his years as a Wimbledon ball boy – sweatbands and programmes proved a valuable currency when bartering for cigarettes back at the children’s home.」です。

この文は、従属節と主節の2つの節で構成されています。

従属節は「sweatbands and programmes proved a valuable currency when bartering for cigarettes back at the children’s home.」です。この節は、「sweatbands and programmes」が「valuable currency」であること、そして「sweatbands and programmes」が「cigarettes」と交換されたことを述べています。

主節は「Winston Norton has none of his memorabilia from his years as a Wimbledon ball boy.」です。この節は、「Winston Norton」が「memorabilia」を持っていないこと、そしてこの「memorabilia」が「sweatbands and programmes」であることを述べています。

この文は、ウィンストン・ノートンがウィンブルドンのボールボーイとして働いていた頃の記念品を持っていないこと、そしてこの記念品が汗止めバンドとプログラムであったことを述べています。また、汗止めバンドとプログラムは、子供の頃に子供の家にタバコを交換する際に貴重な通貨になったことを述べています。

個人的な感想

現在、ウィンブルドンのボールボーイとボールガールは地元の高校の出身です。しかし、1946 年から 1966 年までは、ボールボーイは全員、バルナルド博士の児童養護施設の出身でした。

こういう感じで社会で孤立してしまったりする人の居場所が自然とあったのは良いことですね。

フェデラーは引退してボールボーイに転職するそうです。楽しみです。

Soaring temperatures make daily life uncomfortable, but also pose a serious threat to human health and the environment. With the southern US in the grip of an extreme heatwave, here is our guide to getting through one…の日本語訳は?

Soaring temperatures make daily life uncomfortable, but also pose a serious threat to human health and the environment. With the southern US in the grip of an extreme heatwave, here is our guide to getting through one.

気温の上昇は日常生活を不快にするだけでなく、人の健康や環境にも深刻な脅威をもたらす。アメリカ南部が極端な熱波に見舞われている今、熱波を乗り切るためのガイドをご紹介しよう。

英語構文の解析

この文の英語構文は以下のとおりです。

  • Soaring temperatures make daily life uncomfortable.
    • Soaringは「上昇する」という意味の形容詞です。
    • temperaturesは「気温」という意味の名詞です。
    • makeは「~にする」という意味の動詞です。
    • daily lifeは「日常生活」という意味の名詞です。
    • uncomfortableは「不快な」という意味の形容詞です。
  • but also pose a serious threat to human health and the environment.
    • butは「しかし」という意味の接続詞です。
    • alsoは「また」という意味の副詞です。
    • poseは「~に脅威を与える」という意味の動詞です.
    • a serious threatは「深刻な脅威」という意味の名詞です。
    • human healthは「人間の健康」という意味の名詞です。
    • the environmentは「環境」という意味の名詞です。
  • With the southern US in the grip of an extreme heatwave, here is our guide to getting through one.
    • Withは「~と共に」という意味の接続詞です。
    • the southern USは「アメリカ南部」という意味の代名詞です。
    • in the grip of an extreme heatwaveは「極度の熱波に襲われている」という意味の句動詞です。
    • here isは「ここに~があります」という意味の文型です。
    • our guide to getting through oneは「~を乗り切るための私たちのガイド」という意味の名詞句です。

この文は、熱波が日常生活を不快にするだけでなく、人間の健康と環境にも深刻な脅威を与えることを述べています。また、アメリカ南部が極度の熱波に見舞われていること、そして熱波を乗り切るためのガイドを提供していることも述べています。

個人的な感想

この文は、熱波が日常生活を不快にするだけでなく、人間の健康と環境にも深刻な脅威を与えることを述べています。また、アメリカ南部が極度の熱波に見舞われていること、そして熱波を乗り切るためのガイドを提供していることも述べています。

この文は、熱波の危険性について人々を意識させるのに役立つと思います。また、熱波を乗り切るためのガイドを提供することで、人々の健康と安全を守ることにも役立つと思います。

しかし、この文にはいくつかの批判的な点もあります。まず、この文は熱波の原因について言及していません。熱波は、地球温暖化の影響によって発生する可能性が高く、この文ではその点を明確にする必要があります。また、この文は熱波の対策について言及していません。熱波を乗り切るためには、水分補給をすること、涼しい場所に避難すること、屋外活動を避けるなどの対策が必要です。この文では、これらの対策についても明確にする必要があります。

パジャマもいいんですね。専用パジャマを用意するほどの余裕はないです。

With its tourism industry hit hard by the Covid-19 pandemic, Indonesia has decided to protect its future by placing its cultural heritage on Web3…の日本語訳は?

With its tourism industry hit hard by the Covid-19 pandemic, Indonesia has decided to protect its future by placing its cultural heritage on Web3.

インドネシアは、COVID-19のパンデミックの影響で観光産業が大きな打撃を受けたため、Web3に文化遺産を配置することで将来を守ることを決定しました。

英語構文の解析

  • 主語:Indonesia
  • 動詞:has decided
  • 目的語:to protect its future by placing its cultural heritage on Web3.
  • 修飾語:With its tourism industry hit hard by the Covid-19 pandemic

日本語に訳すと、次のようになります。

  • インドネシアは、COVID-19のパンデミックの影響で観光産業が大きな打撃を受けたため、Web3に文化遺産を配置することで将来を守ることを決定しました。

個人的な感想

Web3は、ブロックチェーン技術を活用した新しいインターネットの形態です。インドネシアは、Web3を活用することで、観光産業をデジタル化し、世界中の人々にインドネシアの文化遺産を体験してもらうことを目指しています。

Web3は、インドネシアの観光産業にとって、新たな成長の機会になる可能性があります。

ところで

Web3ってなに?

Web3とは、ブロックチェーン技術を活用した新しいインターネットの形態です。Web3は、Web2.0の中央集権的なインターネットに代わる、分散型のインターネットを目指しています。

Web3では、ユーザーは自分のデータを自分でコントロールすることができます。また、ユーザーは自分のデータを他のユーザーと共有したり、取引したりすることができます。

Web3は、まだ開発途上ですが、今後、インターネットの形態を大きく変える可能性を秘めています。

それぞれにデータを分ける感じなんでしょうか

Josko Gvardiol: RB Leipzig want at least 100m euros for Man City target…の日本語訳は?

Josko Gvardiol: RB Leipzig want at least 100m euros for Man City target

マンチェスター・シティがヨスコ・グヴァルディオルの獲得を狙っていることと、RBライプツィヒがグヴァルディオルの移籍金として少なくとも1億ユーロを要求している

英語構文の解析

「Josko Gvardiol: RB Leipzig want at least 100m euros for Man City target」という英語の文は、以下のように解釈できます。

  • ヨスコ・グヴァルディオルは、マンチェスター・シティが獲得を狙っている選手です。
  • RBライプツィヒは、グヴァルディオルの移籍金として少なくとも1億ユーロを要求しています。

この文は、主語が「Josko Gvardiol」で、述語は「RB Leipzig want at least 100m euros for Man City target」です。主語と述語の間には「is」という動詞が使われており、主語と述語の関係を説明しています。また、文の中には「at least」という副詞が使われており、RBライプツィヒが要求している移籍金の金額を明確にしています。

この文は、マンチェスター・シティがヨスコ・グヴァルディオルの獲得を狙っていることと、RBライプツィヒがグヴァルディオルの移籍金として少なくとも1億ユーロを要求していることを説明しています。

個人的な感想

カタールワールドカップでクロアチアは日本とも戦い惜しくもPK戦で日本は負けてしまいましたが今回のワールドカップで一番株を上げた選手はクロアチアのこの選手でしょうね。みんな延長戦でへばってる中足動かしてましたから相当体力に自信があるのでしょう。対人にもめっぽう強い。しかし1億ユーロは高いというか最近のサッカーは給与が上がりすぎて1億ユーロと言われてもピンとこないです。

In 1964, Jane Goodall’s husband Hugo van Lawick took a photo of her and an infant chimp reaching out to each other. Decades later, it continues to impact how we view chimpanzees…の日本語訳は?

In 1964, Jane Goodall’s husband Hugo van Lawick took a photo of her and an infant chimp reaching out to each other. Decades later, it continues to impact how we view chimpanzees.

1964 年、ジェーン・グドールの夫であるヒューゴ・ヴァン・ラウィックが、彼女と赤ちゃんチンパンジーがお互いに手を伸ばしている写真を撮りました。何十年後も、この写真は我々がチンパンジーを見る方法に影響を与え続けています。

英語構文の解析

  • In 1964, Jane Goodall’s husband Hugo van Lawick took a photo of her and an infant chimp reaching out to each other.
    • In 1964 は副詞節で、1964 年にという時制を表しています。
    • Jane Goodall’s husband Hugo van Lawick は主語で、ジェーン・グドールの夫であるヒューゴ・ヴァン・ラウィックを指しています。
    • took は動詞で、撮ったという意味です。
    • a photo は目的語で、写真という意味です。
    • of her and an infant chimp は副詞句で、彼女と赤ちゃんチンパンジーの写真をという限定を表しています。
    • reaching out to each other は補語で、お互いに手を伸ばしているという状態を表しています。
  • Decades later, it continues to impact how we view chimpanzees.
    • Decades later は副詞節で、何十年後にもという時制を表しています。
    • it は代名詞で、写真のことです。
    • continues to impact how we view chimpanzees は述部で、我々がチンパンジーを見る方法に影響を与え続けているという動作を表しています。

日本語訳は以下のとおりです。

  • 1964 年、ジェーン・グドールの夫であるヒューゴ・ヴァン・ラウィックが、彼女と赤ちゃんチンパンジーがお互いに手を伸ばしている写真を撮りました。何十年後も、この写真は我々がチンパンジーを見る方法に影響を与え続けています。

個人的な感想

1964年にジェーン・グドールの夫であるヒューゴ・ヴァン・ラウィックが撮った、彼女と赤ちゃんチンパンジーがお互いに手を伸ばしている写真は、とても印象的なものです。この写真は、チンパンジーが人間と同じように感情や知性を持っていることを示しています。この写真は、チンパンジーに対する我々の認識に大きな影響を与えました。以前は、チンパンジーは人間とは異なる種であり、人間と同じように考えたり感じたりすることができないと考えられていましたが、この写真によって、チンパンジーは人間と同じように感情や知性を持っていることが明らかになりました。この写真は、チンパンジーに対する我々の認識を変え、チンパンジーをより大切に扱うよう促しました。

この写真は、人間と動物の共存の大切さを教えてくれます。人間と動物は、同じ地球に住む生き物です。人間は、動物に敬意を持って接し、動物を大切に扱う必要があります。この写真は、人間と動物の共存の大切さを教えてくれる、とても貴重な写真です。

竹中直人さんの写真なのかこのツイッターの方の写真なのか。そっちの方が気になってしまいました。

For one long June night and a day, Russia’s notorious mercenary leader Yevgeny Prigozhin staged an apparent insurrection, sending an armoured convoy towards Moscow and raising questions about Vladimir Putin’s grip on power…の日本語訳は?

For one long June night and a day, Russia’s notorious mercenary leader Yevgeny Prigozhin staged an apparent insurrection, sending an armoured convoy towards Moscow and raising questions about Vladimir Putin’s grip on power.

ロシアの悪名高い傭兵団長であるエフゲニー・プリゴジンが、1晩と1日かけて、装甲車隊をモスクワに向けて送り、ウラジーミル・プーチン大統領の権力の強さについて疑問を投げかけた

英語構文の解析

この文の構文は、次のとおりです。

  • 主語:Russia’s notorious mercenary leader Yevgeny Prigozhin
  • 動詞:staged an apparent insurrection
  • 目的語:sending an armoured convoy towards Moscow
  • 修飾語:For one long June night and a day

この文は、ロシアの悪名高い傭兵団長であるエフゲニー・プリゴジンが、1晩と1日かけて、装甲車隊をモスクワに向けて送り、ウラジーミル・プーチン大統領の権力の強さについて疑問を投げかけた、ということを意味しています。

この文の修飾語「For one long June night and a day」は、動詞「staged」を修飾しています。この修飾語は、プリゴジンが反乱を起こした期間を指定しています。

この文の目的語「sending an armoured convoy towards Moscow」は、動詞「staged」を補足しています。この目的語は、プリゴジンが反乱を起こすために行ったことを指定しています。

この文は、プリゴジンの反乱が、プーチン大統領の権力の強さについて疑問を投げかけたことを意味しています。この反乱は、プーチン大統領の権力が揺らぐ可能性を示唆しています。

個人的な感想

そろそろプーチン政権の終わりが近いってことでしょうか?ロシア情勢専門家のryoさんお願いします。

https://twitter.com/shin_semiya/status/1672735328623562754

Wolves have sold captain Ruben Neves to Saudi Arabian side Al-Hilal for a club record £47m…の日本語訳は?

Wolves have sold captain Ruben Neves to Saudi Arabian side Al-Hilal for a club record £47m.

ウォルヴズはキャプテンのルベン・ネベスをサウジアラビア側のアル・ヒラルに£47mのクラブ記録で売却しました。

英語構文の解析

  • 主語: Wolves(プレミアリーグの中にあるチーム、ウルヴス)
  • 動詞: have sold(売却した)
  • 目的語: captain Ruben Neves(キャプテン、ルベン・ネベス)
  • 補語: to Saudi Arabian side Al-Hilal for a club record £47m(サウジのクラブアルヒラルにクラブ記録£47mで)

個人的な感想

ネベスは、ウルヴスの重要な選手であり、チームの中心選手でした。彼は、中盤で優れたパスとボールコントロールを持ち、チームの攻撃を組み立てるのに欠かせない存在でした。また、守備面でも優れており、チームの守備を統括する役割も担っていました。

ネベスの売却は、ウルヴスにとって大きな損失です。彼の代わりになる選手を獲得するのは難しいでしょう。また、ネベスの売却により、チームの攻撃力と守備力は低下するでしょう。

ウルヴスがネベスを売却した理由は、クラブの財政状況が厳しいためです。しかし、ネベスを売却したことで、チームの成績は低下するでしょう。ウォルヴズは、ネベスの売却で得た資金を、チームの強化に費やす必要があります。

まあこの方もベテランでキャプテンネタです。そういうことです。

The US Navy detected sounds “consistent with an implosion” shortly after OceanGate’s Titan submersible lost contact, a navy official has said…の日本語訳は?

The US Navy detected sounds “consistent with an implosion” shortly after OceanGate’s Titan submersible lost contact, a navy official has said.

タイタニック号の潜水調査で、米海軍が潜水艇が連絡が途絶えた後、爆発音を検出した

英語構文の解析

  • Titanic sub search: 主語は「Titanic sub search」。動詞は「is」。目的語は「US Navy detected implosion sounds after sub lost contact」。
  • US Navy detected implosion sounds after sub lost contact: 主語は「US Navy」。動詞は「detected」。目的語は「implosion sounds after sub lost contact」。
  • implosion sounds: 名詞。
  • after sub lost contact: 副詞句。

この文は、タイタニック号の潜水調査で、米海軍が潜水艇が連絡が途絶えた後、爆発音を検出したことを報告しています。

個人的な感想

痛ましい事故です、タイタニック号の潜水観光で、米海軍が潜水艇が連絡が途絶えた後、爆発音を検出したというニュースを聞いて、とても悲しくなりました。タイタニック号は、1912年に北大西洋で沈没した豪華客船です。この事故で、1,500人以上の人々が亡くなりました。タイタニック号は、今でも海底に沈んでおり、多くの人々がその調査に興味を持っています。しかし、今回の事故で、潜水艇が沈没し、乗組員が死亡したことは、とても悲しいことです。潜水艇の乗組員の方々に、心からご冥福をお祈り申し上げます。

Manchester City captain Ilkay Gundogan will join Barcelona on a free transfer when his contract expires at the end of this month…の日本語訳は?

Manchester City captain Ilkay Gundogan will join Barcelona on a free transfer when his contract expires at the end of this month.

マンチェスター・シティのキャプテンであるイルカイ・ギュンドアンが、契約が今月末に切れた後、フリートランスファーでバルセロナに加入する

英語構文の解析

主語: Manchester City captain Ilkay Gundogan(マンチェスターシティのキャプテン。イルカイ・ギュンドアン)

述語: will join Barcelona on a free transfer(フリーでバルセロナに加入する)

副詞節: when his contract expires at the end of this month(契約が今月末に切れた後)

主語は「Manchester City captain Ilkay Gundogan」で、述語は「will join Barcelona on a free transfer」です。副詞節は「when his contract expires at the end of this month」で、主語と述語の関係を説明しています。

この文は、マンチェスター・シティのキャプテンであるイルカイ・ギュンドアンが、契約が今月末に切れた後、フリートランスファーでバルセロナに加入することを意味しています。

個人的な感想

まさかのこの前チャンピンズリーグ優勝したチームのキャプテンがフリーでバルセロナに飛ばされるとは、マンチェスターシティも薄情者ですね。ベテランだから契約延長しなかったんでしょうね。投げ捨てられましたね。バルセロナはフリーでもらえるんだからぼろもうけですね。マンチェスターシティから捨てられたベテランをバルセロナは喜びはしゃいでいたが、いざ加入したら結局バルセロナでもベンチを温めるわけですね。

https://twitter.com/futchimpo1902/status/1671635317093449729

Bear dangles from house window trying to escape…の日本語訳は?

Bear dangles from house window trying to escape

クマが家の窓からぶら下がっていて、逃げようとしている

英語構文の解析

  • Bear (主語)
  • dangles (動詞)
  • from house window(目的語)
  • trying to escape (副詞句)

「bear」は「クマ」という意味、「dangles」は「ぶら下がる」という意味、「from house window」は「家の窓から」という意味、「trying to escape」は「逃げようとしている」という意味です。

つまり、この文は「クマが家の窓からぶら下がっていて、逃げようとしている」という意味です。

個人的な感想

クマが家の窓からぶら下がっていて、逃げようとしているという状況を説明しています。この文は、クマが困難な状況に陥っていることがわかり、読者に緊張感と不安を与えます。また、クマが逃げようとしている理由は文中に明記されていないため、読者の想像力をかき立てます。この文は、クマの生き様や人間と動物の関係について考えるきっかけを与えてくれます。

一方で、この文にはいくつかの批判的な点もあります。まず、この文は、クマの状況を具体的に説明していないため、読者が文を理解するのが難しい場合があります。また、この文は、クマが逃げようとしている理由を説明していないため、読者の想像力をかき立てますが、同時に、読者の混乱を招く可能性があります。最後に、この文は、クマの生き様や人間と動物の関係について考えるきっかけを与えてくれますが、それだけにとどまらず、クマの保護や動物福祉について考えるきっかけにもなってくれるはずです。

しっかり二階の窓から入り、階段を下りたでしょう。一階の窓から出ていきました。

どうでもいいですけど白熊おいしいです。

A massive search and rescue operation is under way in the mid Atlantic after a tourist submarine went missing during a dive to Titanic’s wreck on Sunday…の日本語訳は?

A massive search and rescue operation is under way in the mid Atlantic after a tourist submarine went missing during a dive to Titanic’s wreck on Sunday.

大規模な捜索救助活動が北大西洋で進行中です。観光用潜水艦が日曜日にタイタニックの残骸へのダイビング中に行方不明になりました。

英語構文の解析

「A massive search and rescue operation is under way in the mid Atlantic after a tourist submarine went missing during a dive to Titanic’s wreck on Sunday.」の英語構文は次のとおりです。

  • A massive search and rescue operation is under way in the mid Atlantic.
  • A tourist submarine went missing during a dive to Titanic’s wreck on Sunday.

まず、最初の文は「大規模な捜索救助活動が北大西洋で進行中です」という意味です。この文は、主語が「A massive search and rescue operation」、動詞が「is under way」、目的語が「in the mid Atlantic」です。

次に、2番目の文は「観光用潜水艦が日曜日にタイタニックの残骸へのダイビング中に行方不明になりました」という意味です。この文は、主語が「A tourist submarine」、動詞が「went missing」、目的語が「during a dive to Titanic’s wreck on Sunday」です。

この2つの文を組み合わせると、「大規模な捜索救助活動が北大西洋で進行中です。観光用潜水艦が日曜日にタイタニックの残骸へのダイビング中に行方不明になりました。」となります。

個人的な感想

タイタニックの残骸への観光用潜水艦が行方不明になったことは、非常に悲しいことです。観光用潜水艦は、タイタニックの残骸を見るために多くの人々に利用されてきましたが、今回の事故では、乗客全員が行方不明になっています。

この事故は、観光用潜水艦の安全性について疑問を投げかけています。観光用潜水艦は、安全性を確保するために、厳格な規制の下で運営されているはずですが、今回の事故では、これらの規制が守られなかったことが明らかになりました。

この事故を受け、観光用潜水艦の安全性について再検討する必要があると思います。観光用潜水艦の乗客の安全を守るために、より厳格な規制が導入されることを期待しています。

また、この事故は、タイタニックの残骸への観光の危険性についても警告しています。タイタニックの残骸は、非常に危険な場所です。深海に沈んでいるため、水圧が非常に高く、海流も非常に速いです。また、残骸は非常に脆く、簡単に壊れてしまう可能性があります。

タイタニックの残骸への観光は、非常に危険な行為です。観光客は、この危険性を十分に認識した上で、観光を行う必要があります。

https://twitter.com/PsZ7kjq4M25yQql/status/1670938958648446977

Croatia missed out on their first international trophy after losing on penalties to Spain in the Nations League final…の日本語訳は?

Croatia missed out on their first international trophy after losing on penalties to Spain in the Nations League final.

クロアチアは、決勝でスペインにPKで敗れ、初の国際タイトルを逃した。

英語構文の解析

この文は、主語が「クロアチア」、動詞が「miss」、目的語が「out on penalties to Spain in the Nations League final」です。

「miss out on」は、「~を逃す」という意味の熟語です。ここでは、クロアチアが初の国際タイトルを逃したことを意味しています。

「on penalties」は、「PKで」という意味の副詞です。ここでは、スペインがPKでクロアチアに勝ったことを意味しています。

「in the Nations League final」は、「ネーションズリーグ決勝で」という意味の副詞句です。ここでは、クロアチアとスペインの試合がネーションズリーグ決勝であったことを意味しています。

個人的な感想

クロアチアは、決勝でスペインにPKで敗れ、初の国際タイトルを逃しました。この結果は、クロアチアにとって大きな失望であり、多くの批判を浴びています。

クロアチアは、2018年のワールドカップで準優勝を果たしたチームです。そのワールドカップでは、決勝でフランスに敗れましたが、その試合ではクロアチアはフランスに善戦し、多くの人々を魅了しました。

今回のネーションズリーグ決勝では、クロアチアはスペインにPKで敗れました。この試合では、クロアチアはスペインに多くのチャンスを作りましたが、決めきれませんでした。また、PK戦でも、クロアチアはPKを失敗し、敗れました。

この結果は、クロアチアのチームワークやメンタル面の弱さを露呈したと言えます。クロアチアは、ワールドカップでは善戦しましたが、今回のネーションズリーグ決勝では、プレッシャーに負けてしまったように見えました。

クロアチアは、今後、この敗戦から学び、成長していく必要があります。クロアチアには、ワールドカップで準優勝したチームとしてのプライドがあります。クロアチアは、このプライドを胸に、再び国際タイトルを目指して戦い続けなければなりません。

モドリッチも流石に心が折れかけたようで代表引退を考えているようです。

In search of sustainable materials, architects are turning to an unusual source: hemp…の日本語訳は?

In search of sustainable materials, architects are turning to an unusual source: hemp.

持続可能な素材を求めて、建築家たちは珍しい資源である麻に目を向けています。

英語構文の解析

この文は、主語が「architects」、動詞が「are turning」、目的語が「to an unusual source」、補語が「hemp」です。

「In search of」は「~を求めて」という意味の副詞句です。この文では、「建築家は、持続可能な素材を求めて」という意味を表しています。

「to an unusual source」は「珍しい素材に」という意味の副詞句です。この文では、「建築家は、持続可能な素材を求めて、珍しい素材に目を向けています」という意味を表しています。

「hemp」は「麻」という意味の名詞です。この文では、「建築家は、持続可能な素材を求めて、麻に目を向けています」という意味を表しています。

この文は、建築家が持続可能な素材を求めて、麻という珍しい素材に注目していることを表しています。ヘンプは、環境に優しい素材であり、また、強度も高いことから、建築材料として注目されています。

個人的な感想

麻は、古くから人類に利用されてきた植物です。麻繊維は、衣類やロープなどの繊維製品に使用され、麻の種子から作られる麻油は、食用油や化粧品に使用されています。麻は、環境に優しい植物です。麻は、水をほとんど必要とせず、農薬や化学肥料をほとんど使用せずに栽培することができます。また、麻は、成長が早く、収穫までの期間が短いため、環境への負荷が少ない植物です。

麻は、強度のある植物です。麻繊維は、鋼鉄よりも強度があり、耐久性にも優れています。また、麻は、弾力性があり、シワになりにくいという特徴もあります。そのため、麻は、建築材料として非常に優れています。

麻は、加工しやすい植物です。麻繊維は、加工しやすいため、様々な建築材料に使用することができます。例えば、麻繊維は、コンクリートやセメントに混ぜて使用することができます。また、麻繊維は、断熱材や防音材としても使用することができます。

麻は、持続可能な素材として、建築材料として注目されています。麻は、環境に優しく、強度があり、加工しやすいため、建築材料として非常に優れています。今後、麻は、建築材料としてさらに普及していくことが期待されています。

しかし、麻にはいくつかの課題もあります。麻は、まだ日本ではあまり普及していないため、価格が高いという課題があります。また、麻を加工するための技術もまだ開発途上にあるため、普及が進まないという課題もあります。

これらの課題を克服することができれば、麻は、持続可能な建築材料として、大きな役割を果たすことができると考えられますね。

麻のコンクリートなんてのもあるんですね、興味深いがコストはかかりそう。未来はどうなるんでしょうか。