‘Battle Royale’ Star Causes Wild Scene in Japan’s Parliament Over Controversial Immigration Bill…の日本語訳は?

‘Battle Royale’ Star Causes Wild Scene in Japan’s Parliament Over Controversial Immigration Bill.

『バトル・ロワイアル』のスターが日本の議会で騒動を引き起こす。

Actor-turned-liberal political leader Taro Yamamoto hurled himself at fellow lawmakers Thursday as he attempted to protest a bill that he believes doesn’t do enough to protect refugees.

俳優出身のリベラル政治指導者である山本太郎は、木曜日に同僚議員に向かって投げかけるように突進しました。彼は難民を十分に保護しないと考える法案に抗議しようとしたのです。

英語構文の分析

  • 「‘Battle Royale’ Star Causes Wild Scene in Japan’s Parliament Over Controversial Immigration Bill.」: この文は「‘Battle Royale’のスターが日本の議会で野生的なシーンを引き起こした」という出来事を述べています。主語は “Star” であり、動詞は “Causes” です。”Wild Scene” は主語 “Star” の結果または効果を示しています。このシーンは「Controversial Immigration Bill」(物議を醸す移民法案)に関連しています。
  • 「Actor-turned-liberal political leader Taro Yamamoto hurled himself at fellow lawmakers Thursday as he attempted to protest a bill that he believes doesn’t do enough to protect refugees.」: この文は「俳優出身のリベラル政治指導者である山本太郎が、木曜日に同僚議員に突撃しました。彼は難民を十分に保護しないと考える法案に抗議しようとしたのです。」という出来事を述べています。主語は “Taro Yamamoto” であり、動詞は “hurled”(突進した)です。彼の行動の目的は “fellow lawmakers”(同僚議員)に向かって抗議することであり、この目的は「as he attempted to protest a bill」で説明されています。また、”a bill that he believes doesn’t do enough to protect refugees” は “protest” の対象であり、彼が抗議したいと考える法案を示しています。

英語初学者向けの文法ポイント

  1. 動詞:文章中の重要な動詞は、出来事や行動を説明しています。この場合、”Causes”(引き起こす)と “hurled”(突進する)が重要な動詞です。
  2. 名詞:文中に登場する名詞は、人や物を指し示しています。例えば、「Star」、「Japan’s Parliament」、「Controversial Immigration Bill

From allegations of abuse to lack of support for LGBT rights, a look into why 10 former Scientologists decided to leave the church…の日本語訳は?

From allegations of abuse to lack of support for LGBT rights, a look into why 10 former Scientologists decided to leave the church

虐待の告発からLGBTの権利支援の不足まで、なぜ10人の元サイエントロジストが教会を去ったのかを探る

allegations (告発)
decided (決めた)
leave (去る)

abuse (虐待)
support (支援)
LGBT rights (LGBTの権利)
church (教会)

allegations of abuse (虐待の告発)
lack of support for LGBT rights (LGBTの権利支援の不足)
the church (教会)
※From allegations of abuse (虐待の告発) to lack of support for LGBT rights (LGBTの権利支援の不足), a look into why 10 former Scientologists (10人の元サイエントロジスト) decided (決めた) to leave the church (教会).

※「a look into」は”look”という動詞の形を持ち、”into”は前置詞です。何かを調査・分析することを意味する。

Biden and GOP Reach Debt-Ceiling Deal. Now Congress Must Approve It…の訳は?

Biden and GOP Reach Debt-Ceiling Deal. Now Congress Must Approve It

バイデンとGOP(共和党)が財政債務上限の合意に達しました。今度は議会が承認する必要があります。

「Biden and GOP」は主語
「Reach」は動詞で「到達する」という意味を持つ。
「Debt-Ceiling Deal」は名詞フレーズ。「財政債務上限の合意」という意味。debt ceiling = 政府事業体の最大の借入能力そのものを意味する言葉。なお、debt…は部という意味。ceilingは天井という意味。
「Now」は副詞。「今度は」という意味を持ちます。
「Congress」は名詞。「議会」という意味を持つ。
「Must Approve It」は動詞フレーズ。「それを承認する必要がある」という意味。

Employees of the Chinese-owned video app have regularly posted user information on a messaging and collaboration tool called Lark, according to internal documents…の訳は?

Employees of the Chinese-owned video app have regularly posted user information on a messaging and collaboration tool called Lark, according to internal documents.

「中国の所有するビデオアプリの従業員は、内部文書によれば、定期的にユーザー情報をメッセージングおよびコラボレーションツールであるLarkに投稿していました。」

主語: Employees (従業員)
述語: have regularly posted (定期的に投稿した)
目的語: user information (ユーザー情報)
前置詞句: on a messaging and collaboration tool called Lark (メッセージングおよびコラボレーションツールであるLarkに)
補語: according to internal documents (内部文書によれば)

この文の基本的な構造は「主語 + 述語 + 目的語」となっており、前置詞句と補語が追加されています。前置詞句は「on a messaging and collaboration tool called Lark」で、補語は「according to internal documents」です。

The plane’s departure was announced over the loud speaker the minutes ago…の訳は?

数分前に、飛行機の出発がスピーカーでアナウンスされました。

主語: The plane’s departure(飛行機の出発)
述語: was announced(アナウンスされました)
目的語: over the loudspeaker(スピーカーで)
時間: the minutes ago(数分前に)

※was announced be動詞 + 過去分詞 (受け身)を表す述語 / 動詞

※ over the loud speaker… 拡声器。loud=大きい

My father would often take me to the zoo…の訳は?

父はよく私を動物園に連れて行ってくれました。

主語: My father(父)
述語: would often take(よく連れて行っていた)
目的語: me(私)
場所: to the zoo(動物園に)

※would often take…は 副詞 + 動詞で一緒にとらえる。副詞付きの動詞である。

Cars must not be parked here…の訳は?

ここには車を駐車してはいけません。
  • 主語: Cars(車)
  • 述語: must not be parked(駐車してはいけない)
  • 目的語: here(ここ)

※must not be parked…助動詞must + be動詞 + 過去分詞 で”受け身”を表した動詞(というか述部)として捉えること!

It took her four years to translate the book from Russian to Japanese…の訳は?

彼女はその本をロシア語から日本語に翻訳するのに4年かかりました。

主語: It(彼女)
述語: took(かかりました)
目的語: her four years(彼女にとっての4年間)
目的語の補足: to translate the book from Russian to Japanese(その本をロシア語から日本語に翻訳する)

Why are some British Conservatives behaving like the next election is already lost?…の訳は?

Why are some British Conservatives behaving like the next election is already lost?

なぜ一部のイギリスの保守党員は、次の選挙が既に負けたものとして振る舞っているのでしょうか?

Why are some British Conservatives…が主語

behaving…が動詞

the next election is already lost?…が従属節で間接話法であり、like前置詞を使って主語の態度「次の選挙にすでに負けたものとして」を表している。

英単語

behaving…振る舞いの動名詞(準動詞)

election…選挙

詳細

主語と動詞の一致: 文の主語である「一部のイギリスの保守党員」の後に複数形の動詞「振る舞っている」が続きます。これによって主語と動詞の一致が取れています。

副詞句: 「次の選挙が既に負けたものとして」は動詞「振る舞っている」を修飾し、保守党員の振る舞い方を示しています。これによって彼らが次の選挙に対してどのような態度を持っているのかを補足的に表現しています。

疑問文の形式: この文は疑問文として形成されており、主語の前に動詞が置かれています。これは英語で質問する際の一般的な構造です。

「なぜ」の使用: 「なぜ」は質問を導入し、イギリスの保守党員の行動の理由を尋ねています。

間接話法: 「次の選挙が既に負けたものとして」というフレーズは間接話法を表しており、一部の保守党員が既に次の選挙に負けたと信じている、またはそのように振る舞っていることを示しています。間接話法は、思考や信念、態度を報告する際によく使われます。

i am very happy to see you…の訳は?

あなたに会えてとても嬉しい。

主語: I (私)…S
動詞: am (be動詞の現在形)…V
形容詞: very happy (とても嬉しい)…C
副詞: to see you (あなたに会うこと)…M
※「to see you」という不定詞句が「感情の原因」を表している。不定詞句(副詞節)が使われているのが特徴的な英文です。

Being able to speak two different languages will broaden your horizons…の訳は?

二つの異なる言語を話すことができることは、あなたの視野を広げる

「Being able to speak two different languages」が主語。

「Being able to」は「~できることができる」という意味を持つ現在分詞。「two different languages」が目的語。「二つの異なる言語」という意味を持つ。「will broaden your horizons」という述語は「あなたの視野を広げる」という意味を持つ未来形の文。

より詳しく

「broaden」は「広げる」という意味を持つ動詞です。

例)My travels broadened my horizons「私の旅行は私の視野を広げた」

例)She broadened her knowledge by studying abroad「彼女は留学することで知識を広げた」

「your horizons」は、「あなたの視野」という意味。

例)traveling can broaden your horizons「旅行はあなたの視野を広げることができる」

補足

※horizonsは、直接的には「地平線」を意味しますが、転じて「知識や見識の範囲」という意味でも使われます。