Winston Norton has none of his memorabilia from his years as a Wimbledon ball boy – sweatbands and programmes proved a valuable currency when bartering for cigarettes back at the children’s home…の日本語訳は?

Winston Norton has none of his memorabilia from his years as a Wimbledon ball boy – sweatbands and programmes proved a valuable currency when bartering for cigarettes back at the children’s home.

ウィンストン・ノートンはウィンブルドンのボールボーイとして働いていた頃の記念品を持っていません。汗止めバンドとプログラムは、子供の頃に子供の家にタバコを交換する際の貴重な通貨になりました。

英語構文の解析

この文の主語は「Winston Norton」です。述部は「has none of his memorabilia from his years as a Wimbledon ball boy – sweatbands and programmes proved a valuable currency when bartering for cigarettes back at the children’s home.」です。

この文は、従属節と主節の2つの節で構成されています。

従属節は「sweatbands and programmes proved a valuable currency when bartering for cigarettes back at the children’s home.」です。この節は、「sweatbands and programmes」が「valuable currency」であること、そして「sweatbands and programmes」が「cigarettes」と交換されたことを述べています。

主節は「Winston Norton has none of his memorabilia from his years as a Wimbledon ball boy.」です。この節は、「Winston Norton」が「memorabilia」を持っていないこと、そしてこの「memorabilia」が「sweatbands and programmes」であることを述べています。

この文は、ウィンストン・ノートンがウィンブルドンのボールボーイとして働いていた頃の記念品を持っていないこと、そしてこの記念品が汗止めバンドとプログラムであったことを述べています。また、汗止めバンドとプログラムは、子供の頃に子供の家にタバコを交換する際に貴重な通貨になったことを述べています。

個人的な感想

現在、ウィンブルドンのボールボーイとボールガールは地元の高校の出身です。しかし、1946 年から 1966 年までは、ボールボーイは全員、バルナルド博士の児童養護施設の出身でした。

こういう感じで社会で孤立してしまったりする人の居場所が自然とあったのは良いことですね。

フェデラーは引退してボールボーイに転職するそうです。楽しみです。

https://twitter.com/tennis365/status/1672849255533547520

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です