Made with vanilla sponge, meringue, almonds, custard and whipped cream, Norwegians love this cake so much they nicknamed it “the world’s best cake”…の日本語訳は?

Made with vanilla sponge, meringue, almonds, custard and whipped cream, Norwegians love this cake so much they nicknamed it “the world’s best cake”.

バニラスポンジ、メレンゲ、アーモンド、カスタード、ホイップクリームで作られたこのケーキは、ノルウェー人からとても愛されており、彼らはそれに「世界一のケーキ」というニックネームを付けました。

英語構文の解析

文頭の「Made with」は、主語と動詞の間に置かれる「補文」です。この場合、「Made with」の後に続く「vanilla sponge, meringue, almonds, custard and whipped cream」は、主語の「this cake」を説明する「補語」です。つまり、この文は「このケーキは、バニラスポンジ、メレンゲ、アーモンド、カスタード、ホイップクリームで作られています」という意味になります。

次に、「Norwegians love this cake so much they nicknamed it “the world’s best cake”」という部分を分析します。この部分は、「Norwegians love this cake」と「they nicknamed it “the world’s best cake”」という2つの独立した文が、接続詞「so much」で結ばれています。

「Norwegians love this cake」という文は、主語が「Norwegians」、動詞が「love」、目的語が「this cake」です。この文は、ノルウェー人はこのケーキが好きだという意味になります。

「they nicknamed it “the world’s best cake”」という文は、主語が「they」、動詞が「nicknamed」、目的語が「this cake」、補語が「”the world’s best cake”」です。この文は、彼らはこのケーキに「世界一のケーキ」というニックネームを付けたという意味になります。

以上の分析から、この文の意味は、次のようになります。

バニラスポンジ、メレンゲ、アーモンド、カスタード、ホイップクリームで作られたこのケーキは、ノルウェー人からとても愛されており、彼らはそれに「世界一のケーキ」というニックネームを付けました。

この文は、主語と動詞が明確であり、構文も単純でわかりやすい文です。

個人的な感想

個人的な感想としては、この文は、ノルウェー人のケーキへの愛情が伝わってくる、とても素敵な文だと思います。

バニラスポンジ、メレンゲ、アーモンド、カスタード、ホイップクリームという、どれも美味しい材料を使ったケーキであることが、文頭で明確に述べられています。そして、それらの材料の組み合わせが、ノルウェー人にとってとても美味しいケーキであることが、続く文で示されています。

また、ノルウェー人は、このケーキを「世界一のケーキ」と呼ぶほど、愛していることが、最後の文で述べられています。このニックネームは、ノルウェー人のこのケーキへの自信と誇りを表しているのではないでしょうか。

私は、この文を読んだことで、ノルウェー人のケーキに対する愛情を垣間見ることができ、とても興味深かったです。また、このケーキをぜひ一度食べてみたいと思いました。

もし、このケーキが日本で手に入るなら、ぜひ一度試してみたいと思います。

https://twitter.com/28ana_tas/status/1649953416893063168

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です