Cracking effort from distance by Rodri as Manchester City start to work their way up through the gears again and it needs a push over his own bar by James Trafford…の日本語訳は?

Cracking effort from distance by Rodri as Manchester City start to work their way up through the gears again and it needs a push over his own bar by James Trafford.

Rodriが遠距離から放ったシュートの勢いが強すぎて、James Traffordが自陣のクロスバーに弾き返した

英語構文の解析

この文は、主語が「Cracking effort from distance by Rodri」であり、動詞が「needs a push over his own bar by James Trafford」です。主語の「Cracking effort from distance by Rodri」は、Rodriが遠距離から放ったシュートのことです。動詞の「needs a push over his own bar by James Trafford」は、James Traffordが自陣のクロスバーにシュートを弾き返したことを意味しています。

この文は、主節と従属節から構成されています。主節は「Cracking effort from distance by Rodri」であり、従属節は「as Manchester City start to work their way up through the gears again and it needs a push over his own bar by James Trafford」です。主節は、主語と動詞から構成されており、従属節は主語、動詞、目的語から構成されています。

この文の意味は、「Rodriが遠距離から放ったシュートの勢いが強すぎて、James Traffordが自陣のクロスバーに弾き返した」です。

個人的な感想

この文は、Rodriのシュートが強力で、James Traffordが自陣のクロスバーに弾き返した場面について書かれています。Rodriのシュートは、クロスバーに当たってゴールとはなりませんでした。しかし、このシュートは、Manchester Cityが試合を支配していることを示すものでした。また、このシュートは、James Traffordの守備能力の高さを示すものでした。

私は、この文は、サッカーの試合の臨場感をよく伝えていると思います。また、この文は、RodriとJames Traffordの両選手のプレーを高く評価していると思います。

相変わらずマンチェスターシティは強そうです。

https://twitter.com/SPOTVNOW_JP/status/1690094514789363712

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です