The 1998 Jim Carrey film about a man whose entire life is filmed quickly came to embody a new age of reality television. And, 25 years on, it continues to resonate, writes Emily Maskell.…の日本語訳は?

The 1998 Jim Carrey film about a man whose entire life is filmed quickly came to embody a new age of reality television. And, 25 years on, it continues to resonate, writes Emily Maskell.

1998年のジム・キャリー主演の映画『The Truman Show(トゥルーマン・ショー)』は、自身の一生が全て撮影される男性の物語であり、すぐに新しい時代のリアリティテレビを象徴する存在となりました。そして、25年経った今でも、その影響は続いているとエミリー・マスケルが書いています。

主語: The 1998 Jim Carrey film(1998年のジム・キャリーの映画)

述語: quickly came to embody a new age of reality television(すぐにリアリティ テレビの新時代を体現するものになりました。)

補足情報: And, 25 years on, it continues to resonate, writes Emily Maskell.(そして、25年経った今でも、それは共鳴し続けている、とエミリー・マスケルは書いている。)

個人的な感想

私が一番好きな映画です。これが現実に近づいているのがすごいとか似ているとかというより、人生はネタだ。一度はあきらめた人生。どうせならそのネタに乗って楽しもうぜみたいな気持ちになるので好きです。雑ですいません。

脱線しましたが、現実では実際にカメラが飛んで自動で人を追跡してまで精度はまだ高くありませんが、ビッグデータという形でSNSの投稿の内容や通販で購入したものなどで見えないカメラは個人を追跡し情報を収集する時代にはなりました。そういう意味では着実に現実に近づいてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です